葬祭スタッフが、霊園での日常から感じる、ペットと人間の絆をお伝えするブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもしもです

ペットちゃんのお見送り。
それは決して喜ばしいことではなく、
可愛がっていた方には生涯忘れない辛いこと。

お見送りをお手伝いする私はお見送り後の、
ご家族様のお気持ちがすごく気になります。

今日、うれしいお話を聞くことができました。
昨年、すごく辛い別れをされたママさんのご子息様が
お見えになりました。

お話によると新しい子を迎えられて、母も元気にしています。
と聞き、すごくほっとしました。

新しい子を迎えること、それは逝ってしまった子に申し訳ない。
そう思う方も少なくはないと思います。
260412.jpg
もし自分がペットちゃんで、お空に旅立ったとして、
家族の人が自分が亡くなったことでずっと悲しんでいたらどう思いますか?

私がペットちゃんだったらすごく辛いです。
僕じゃなくてもいいから誰かあの人を救って・・・
そう思うと思います。

ペットちゃんとの巡り合い。
それは偶然ではないと思います。

愛した子が、悲しんでいる家族を見て、
元気になるように仕向けている。
新しい子を迎えるように飼い主の背中を押すのだと私は思います
にほんブログ村 猫ブログ ブリティッシュショートヘアへ
♪♪クリックお願いします♪♪

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ipet0120594184.blog106.fc2.com/tb.php/1225-f9d566af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。